緩和ケアを活用しよう!

最終更新日:
この記事をSNSでシェアする

「緩和ケアは進行したがんの患者さんが受けるもの」というイメージがあるかもしれません。しかし実際は、「緩和ケア」は膀胱がんと診断されたときから活用が可能です。
「緩和ケア」の対象は、からだや心のつらさだけではありません。社会的な苦痛も「緩和ケア」の対象になっています。例えば経済的な問題や、就労に関する悩み事などについても、相談したり、サポートを受けたりすることができます。
治療に前向きに取り組むためにも、また、療養生活の質を高めるためにも、「緩和ケア」をうまく活用しましょう。

「緩和ケア」で緩和できる「つらさ」とは?

① 体に現れるつらい症状

痛み、吐き気、嘔吐、息苦しい、食欲がない、だるさなど

② 心のつらさ

気分が落ち込む、落ち着かない、治療や予後についての不安、孤独感など
心のつらさを感じているのは、患者さんだけでなくご家族も同じです。緩和ケアは患者さんだけでなく、ご家族も活用することができます。

③ 社会的な問題

医療費の問題、退院後の就労、転院や自宅での療養についての不安など

思いを伝えることで「つらさ」が和らぐ

医師や看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカー、病院によってはがん相談員などが「緩和ケア」を担当します。患者さんだけでなく、そのご家族もサポートします。
患者さんやご家族の心の中には、様々な思いがあるのではないでしょうか? その思いを一人で抱え込まず、ほんの少しでも伝えていただくことで、心のつらさが和らぐことがあります。ご自身の思いを伝える相手は、「緩和ケア」を担当するどの職種のスタッフでも構いません。

膀胱がんによる痛みは改善できる

「緩和ケア」は、様々な症状の改善を目的としますが、ここでは最も頻度が高い痛みについて説明します。
膀胱がんが原因で起こる痛みを我慢すると、体力を消耗するだけでなく、気持ちまで落ち込み、生活の質が低下します。痛みは、痛み止めの薬を適切に使うことで改善できます。真面目な患者さんほど病気と向き合うとき、「痛みは仕方ない」とあきらめがちです。しかし、医療スタッフは、「痛みをゼロに近づけること」を痛みのコントロールの目標にしています。痛いと感じるときは、我慢せず、すぐに医師や看護師に伝えましょう。

1) 痛み止めは、痛みの強さに合わせて用意されている

痛みの段階を3つのステップに分け、ステップ毎に使用する鎮痛剤が決められています。ステップ1に使用されるのは一般的な鎮痛剤と鎮痛補助剤です。ステップ2以降ではステップ1で使用される薬剤に加えて、「オピオイド鎮痛薬」と呼ばれる薬も合わせて使用されます。

痛みの段階の3つのステップ

2) オピオイド鎮痛薬とは?

オピオイド鎮痛薬は医療用麻薬と呼ばれ、痛みを改善する効果が強い薬です。「麻薬」という言葉を聞くと「怖い薬では」とイメージされるかもしれません。しかし医療用麻薬は、医師の指導のもとで正しく使用すれば、「使用をやめられなくなる」という依存性が生じることがほとんどないことがわかっています。

オピオイド鎮痛薬の主な副作用は、吐き気、便秘、眠気などです。いずれの症状にも対処法があるので、これらの症状がある場合は、我慢せずに医師や看護師に伝えてください。

監修医師

堀江 重郎 Shigeo Horie

順天堂大学大学院泌尿器外科学 主任教授
順天堂大学附属順天堂医院 泌尿器科長
専門分野:泌尿器がん(前立腺癌、膀胱癌、腎臓癌)の手術・薬物治療、男性更年期障害、性機能障害、性腺機能低下症、LOH症候群

専門医・認定医:
日本泌尿器科学会指導医、日本腎臓学会指導医、日本癌治療学会暫定教育医、日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医

*本監修は、医学的な内容を対象としています。サイト内に掲載されている患者の悩みなどは含まれていません。


北村 香介 Kousuke Kitamura

順天堂大学附属練間病院 泌尿器科 准教授
専門分野:泌尿器悪性腫瘍、ロボット手術、腹腔鏡手術、尿路性器感染症

専門医・認定医:
日本泌尿器科学会 認定専門医、日本泌尿器科学会 指導医、日本泌尿器内視鏡学会 腹腔鏡手術認定医、日本がん治療認定医機構 専門医、ロボット外科学会 国内A級認定、ロボット外科学会 国際B級認定、インテュイティブサージカル da Vinci Certificate

*本監修は、医学的な内容を対象としています。サイト内に掲載されている患者の悩みなどは含まれていません。


家田 健史 Takeshi Ieda

東京臨海病院 泌尿器科
専門分野:膀胱腫瘍・尿路感染症

専門医・認定医:
日本泌尿器学会専門医・指導医 日本がん治療学会認定医、Certificate of Da Vinci System Training、ぼうこう又は直腸障害の診断指定医、ICDインフェクションコントロールドクター認定、内分泌代謝科(泌尿器科)専門医、医学博士

*本監修は、医学的な内容を対象としています。サイト内に掲載されている患者の悩みなどは含まれていません。

膀胱がんTOPへ戻る
この記事をSNSでシェアする