がん専門医師のセカンドオピニオンも

子宮頸がん

子宮頸がんは40歳代がピークですが、20歳代後半の若い世代の方でも発症することがあります。早期発見することで子宮を全摘せずに治療をすることができます。