肺がん専門医師のセカンドオピニオンも

肺がんの治療法

肺がんの治療法

どのような病気か、その治療法についてなどを詳しい情報を閲覧することができます。

進化を続ける肺がんの治療のイメージ画像

進化を続ける肺がんの治療

最低限の切除で、患者さんの負担が少ない手術が可能になり、新たなタイプの薬剤の登場で治療効果が向上しています。
詳しくはこちら
手術療法のイメージ画像

手術療法

3種類の「手術療法」。違いを理解するカギは「5」と「18」という数字。
詳しくはこちら
ロボット支援手術(ダヴィンチ手術)で内視鏡手術の精度が向上のイメージ画像

ロボット支援手術(ダヴィンチ手術)で内視鏡手術の精度が向上

ダヴィンチのロボットアームに取り付けられる鉗子には関節がついているため、人の手より正確に動き、器具の可動域が大きくなることで手術の制度が向上しています。
詳しくはこちら
様々なステージで使用される薬物療法のイメージ画像

様々なステージで使用される薬物療法

肺がんの治療では、治療成績をあげるために「局所療法」である手術と放射線療法と「全身療法」である薬物療法を組み合わせて行います。
詳しくはこちら
メスを使わずがんを叩くのイメージ画像

メスを使わずがんを叩く

放射線療法は、体にメスを入れずがん組織がある部分だけを治療する「局所療法」のひとつです。
詳しくはこちら
粒子線治療のイメージ画像

粒子線治療

粒子線治療は、放射線療法の一種で、粒子線は従来のX線と比べて「正確な照射が可能」という性質があります。
詳しくはこちら
非小細胞肺がん ステージⅠ~ⅢAのイメージ画像

非小細胞肺がん
ステージⅠ~ⅢA

非小細胞肺がんのステージⅠ~ⅢAの標準治療は「手術療法」でステージⅠでは「縮小手術」も可能です。
詳しくはこちら
非小細胞肺がん ステージⅢの治療法のイメージ画像

非小細胞肺がん
ステージⅢの治療法

手術ではなく「化学放射線療法」が標準治療になっています。
詳しくはこちら
非小細胞肺がん ステージⅣの治療法のイメージ画像

非小細胞肺がん
ステージⅣの治療法

以前は「化学療法」しか選択肢がありませんでしたが、現在では「分子標的治療」「免疫療法」という新たな選択肢もあります。
詳しくはこちら
小細胞肺がんの治療法のイメージ画像

小細胞肺がんの治療法

小細胞がんは進行が速く、転移しやすい性質があるため「ステージ(病期)」という分類だけでなく、「限局型」と「進展型」という分類も使われ、ステージと分類で治療法を決めます。
詳しくはこちら
再発・転移のイメージ画像

再発・転移

「局所再発」と「遠隔転移」では異なる治療が行われます。
詳しくはこちら
肺がんTOPへ戻る