患者さんが「探す」から、 医師が「見つける」へ。 セカンドオピニオンの新しいカタチを作りました。

がんの治療法に悩んでいる患者さんを救う!
「ドクターオファー型」セカンドオピニオンの誕生です。

ドクターオファー型セカンドオピニオン
「Findme(ファインドミー)」は、
患者さんが相談内容や担当医の紹介状などを
アップロードすると
医師が力になれる
患者さんを見つけ
セカンドオピニオンの
オファーを送る新しいWebサービスです。
(患者さんやご家族)担当医の紹介状や検査結果とがん治療の悩みをアップロード (がんの専門医)自分が得意なことで悩んでいる人を助けたい!
医師と患者さんをつなぐ
セカンドオピニオンのプラットフォーム
これまでがんの治療法に納得できず不安を抱えていた方
悩みを相談できる専門医の探し方がわからなかった方
セカンドオピニオンという選択肢を持っていなかった方
そのような患者さんを、
がんの専門医がサポートします!
専門スキルを持った医師と
医師の力を必要としている患者さんが
出会える仕組みをつくり、
セカンドオピニオンをみんなのものへ。
は医師から
患者さんにお勧めいただけます
現在担当されている患者さんが、がんの治療法に悩んでいたりセカンドオピニオンを受けた方が治療に専念できそうな場合、Findmeをお勧めいただけます。その際、医師は特別な対応をする必要はなく、通常の「セカンドオピニオン受診目的の紹介状」を作成するだけ。患者さんが複数のセカンドオピニオンを希望された場合でも作成は1通のみで済み、医師の負担を抑えることもできます。
※「セカンドオピニオン受診目的の紹介状」を発行していただく場合、診療報酬点数の規程上、診療情報提供料(Ⅱ)500点は保険医療機関のセカンドオピニオン外来を受診する場合と同様、患者さん1人につき月1回算定できます。詳細は、各都道府県の厚生局にお問い合わせください。
※紹介状をアップロードするFindmeの特性上、患者さんは紹介状の内容を閲覧する可能性があります。
専門分野で、貢献できます!
2大特徴
POINT 1
ほかの医師が書いたレポートを閲覧できる
医師がFindmeにセカンドオピニオンをアップすると、ほかの医師がおなじ患者さんに書いたセカンドオピニオンを閲覧することができます(すべて匿名)。さまざまな見解に目を通し医師のさらなる知識の習得に役立てられるほか、内容の問違いや偏った見地の抑止的効果も期待でき、レベルの高い運用環境を実現します。
POINT 2
病院まで行けない患者さんを救える
Findmeは医師が患者さんを選ぶ「ドクターオファー型」のセカンドオピニオンなので、取り組んでみたい症例や専門性の高い領域など、ご自身が貢献したい患者さんにだけセカンドオピニオンのオファーを送ることができます。また、現在の病院では診療することのない症例にも関われ、経験の幅を広げることにも役立ちます。
の使い方
STEP
【 会員登録をする 】
Findmeにご参加いただ<には、医師限定ネットワークサイト「Whytlink(ホワイトリンク)」への会員登録が必要です。Whytlinkは当社が運営する実名制のサービスで、本登録の際に医籍情報の入力をお願いしています。セキュアなネットワークを構築しているので、安心してご利用いただくことができます。
>>Whytlinkサイトへ >>新規登録はこちら
STEP
【 患者さんを見つける 】
Findmeにアップロードされた患者さんの相談内容や担当医の紹介状を読み、力になれる患者さんを見つけます。通常のセカンドオピニオンとは異なり、患者さんが医師を「選ぶ」のではなく医師が患者さんを「見つける」、ネットの特性を生かした新しいサービスです。
STEP
【 オファ一を送る 】
セカンドオピニオンの概要として、事前に医師からオファ一(現在の治療法へのスタンスと記載予定項目)を送ります。患者さんがオファ一を読み、セカンドオピニオンを書いてほしいと思った医師に正式な依頼をします。
STEP
【 セカンドオピニオンを書く 】
患者さんの正式依頼から1週間以内を目安に、セカンドオピニオンを作成していただきます。患者さんにオファーした内容と相違がないか、形式的な事項の範囲で事務局が確認し、問題なければ患者さんのマイページにセカンドオピニオンがアップされます。
STEP
【 ほかの医師のオピニオンを読む 】
オファーを出した医師の間でレポートを相互に閲覧することができます。執筆した医師のお名前は匿名ですが、全文の閲覧が可能です。
STEP
【 ご入金 】
セカンドオピニオンの作成費用として、症例ごとのに規定された金額(15,000円以上)から振込手数料等を差し引いた金額をご指定の口座に入金します。

※ 患者さんには医師のセカンドオピニオン作成費用およびFindmeシステム利用料をご負担いただきます。


患者さんに喜ばれる理由
POINT
1
病院まで行けない患者さんを救える
FindmeはWebで患者さんの悩みを聞きセカンドオピニオンを提示するシステムで、病院までお越しいただ< のが難しい患者さんにも手を差し伸べることができます。 通常では接することが難しくても、本当にその医師を必要としている患者さんと出会えるようになり、セカンドオピニオンの可能性を広げます。
POINT
2
文章で伝えたいすべてを伝えられる
文章によるセカンドオピニオンには時間の制限がなく、 患者さんに伝えたいことのすべてをお伝えすることができます。利便性も高く、ご家族や詳しい方といっしょに閲覧できたり、持参して担当医に相談するなど、さまざまな場面でご活用いただけます。

医師のよくある質問

Q.01
医師に参加条件はありますか?
A

はい。本サービスにご参加いただけるのは、医師として10年以上の臨床又は研究経験があり、原則として、DPC対象病院に勤務されている方に限定させていただいております。ただし、DPC対象病院以外にも、乳がん領域に関しては、一般社団法人日本乳癌学会の認定関連施設に、婦人科がん領域に関しては、特定非営利活動法人婦人科悪性腫瘍研究機構の登録施設に勤務されている医師の方にもご参加いただいております。

Q.02
品質はどのように担保していますか?セカンドオピニオンの内容はチェックしているのですか?
A

本サービスにご参加いただける医師は、原則として医師としてのご経験が10年以上あり、DPC対象病院、または、乳がん領域に関しては、一般社団法人日本乳癌学会の認定関連施設に、婦人科がん領域に関しては、特定非営利活動法人婦人科悪性腫瘍研究機構の登録施設にお勤めの医師のみに限定しております。

本サービスは、あくまでプラットフォームの提供であるため、レポートの記載内容については、当社事務局は関知いたしません。ただし、医師からのオファー時点でご提示いただいた事項(記載予定の項目、レポートの分量のめやす)を明らかに逸脱していないか、所定の禁止事項に抵触する記載がないか、といった形式的事項についてのみ、ご相談者にレポートを提供する前に当社事務局が確認いたします。これらの形式要件を満たさない場合には、必要に応じて、執筆された医師に修正を依頼することもございます。

なお、ご相談者から度々クレームがあるなど、本サービスを提供する医師として適格性を有しないと当社が判断した場合、本サービスへのご参加をお断りすること(退会等)もございます。

詳しくはFindme利用規約をご確認ください。

Q.03
サービスを利用するにあたって、医師に金銭的負担はありますか?
A

現状においては、ご相談者から医師への代金決済にかかる決済手数料及び振込手数料相当額のご負担をいただくのみで、別途本サービスの利用料金のご負担はありません。また、上記の手数料等についても、ご相談者から当社がお預かりするオピニオン作成料金等を当社から医師にお支払いする際に、相当額を控除する形でご負担いただきますので、実際に金銭的な出捐が生じることはございません。

ただし、先生のオファー(立候補)に対して、ご相談者がレポート作成を依頼したにもかかわらず、①所定の期間内にレポートをご提出いただけない場合や、②提出されたレポートが明らかにレポートの形式要件を満たさない場合には、ご相談者が当社に対して支払ったシステム利用料相当額(5,000円〜15,000円)を、ご相談者に返金するために先生にご負担いただくことになりますので、ご留意ください。

専門分野で、貢献できます!
お問い合わせはこちら
すでにWhytlink会員の方はこちらからログイン