セカンドオピニオンを受ける準備

セカンドオピニオンを受けるのに、何から行えばいいでしょうか。
このページでは、セカンドオピニオンを受けるために必要な準備について解説します。

セカンドオピニオンを受けた後は、どうすればいいの?

もう一度現在の担当医の先生に報告しましょう

セカンドオピニオンを受けたら、別の医師の意見を聞くことによって、あなたの病気や治療方針についての考えが変化したかどうか、もう一度現在の担当医の先生に報告した上で、これからの治療法について再度相談しましょう。セカンドオピニオンに対する担当医の先生の意見を聞くことで、治療への理解がより深まり、納得する治療を選択することができるようになります。

担当医は治療を支援する身近な医療者に変わりない

また、セカンドオピニオンの結果、セカンドオピニオン先の病院で治療を受けることになった場合には、あらためてこれまでの治療内容や経過などを紹介状などで引き継ぐのが一般的です。 治療はセカンドオピニオン先の病院で行い、紹介元医療機関では治療後の経過観察を行う場合もあります。そのため、紹介元の担当医はあなたの治療を支援してくれる、身近な医療者の1人であることに変わりありません。セカンドオピニオンは自分らしく納得できる選択をするために大変有用な仕組みです。