一覧にもどる
    • 公認心理師
    • がん闘病支援経験者

    病院の先生にはちょっと話しにくいことも、お気軽にご相談ください。少しでも不安が和らぎますようお手伝いさせていただきます。

    かな
    現在1名が閲覧しています
    リクエスト受付中
    自己紹介

    カウンセリングと研究の両面でがん患者さんの支援に携わっています。
    主にAYA(思春期および若年成人)世代やAYA卒業生のがんサバイバーさんのお話をお伺いしてきました。
    この時期は、進学、就職、親からの独立、恋愛、結婚、子供を持つこと、キャリアアップなど重要なライフイベントが集中し、悩み多き時期です。そんな時期に、がんと診断され、周囲の人と自分をくらべてしまったり、悩んだり、落ち込んだりすることもあるかと思います。この世代に特有の悩みは、病院では相談しづらいことかもしれません。お友達やご家族など、親しいからこそ話しにくいこともあるかもしれません。
    また、近年、ライフスタイルが多様化し、人生の選択肢が増えるとともに、悩み多き時期も長くなってきています。ライフイベントに関する悩みは若い人だけのものではなくなりました。いくつになっても、「いい大人」になっても、悩んでいいのです。命にかかわるかもしれない病気になったときに、命と直接関係のないことを悩んでもいいのです。病気以外のことを考えることは、治療をおろそかにすることとは違います。治療や体調管理はもちろん重要ですが、あなたのライフイベントも同じぐらい大切にしてください。
    何歳でも、どんな話でも、うまく話せなくても、ただ話を聞いてほしいだけでも、大丈夫です。お気軽にご連絡ください。

    待機時間:21時以降(不定期)

    電話相談の流れ

    あなたのがんと共に戦う、心強いサポーターを探してみませんか?

    新規会員登録