対人関係のモヤモヤイメージ

対人関係のモヤモヤ

がんになったなんて言えない。心配かけるし、きっと腫れ物みたいに扱われる。がんになっても私は私なのに、急に引け目や孤独を感じてしまう。けれど、周りも一緒に戦ってくれたりします。今や、2人に1人はがんになる時代で、誰しも他人事になんかできない時代です。あなたは決して、独りではありません。まずは口に出し、寄り添ってくれる人を見つけてみませんか。

QA対人関係のモヤモヤの相談事例

相談者

親に、出来る限りの治療を受けて欲しいと思っているのですが

40代 女性 ご家族についてのご相談

親がステージ4のがんで、私自身は「出来る限りの治療を受けて欲しい」と思っているのですが、副作用や効果がどのぐらいあるかということがわからないため、「不安で治療に踏み切れず、考えてしまっている」と言っています。
今のところ生活に支障がないため、わざわざ治療をして「副作用が出た割に、効果がなかった」となるのが嫌で、本人的に治療に踏み切れないようです。
そういう不安は、どうやって取り除いてあげれば良いのでしょうか。

カウンセラー
カウンセラーの回答

「治療を受けたらどうなるのか」という具体的なイメージがわかないことが、原因になっているのではないでしょうか。
まずは、その治療法がどのようなものであるかを知り、その後、その病院における治療実績を調べてみるのが良いでしょう。
その病院でその治療を受けた患者がどの位いらっしゃるのかや、その治療を受けた患者さんがどういう状況になっているかが分かると、安心して治療を決められると思います。
「国立がん研究センター」の「がん情報サービス」というサイトが参考になると思います。

相談者

主治医の先生が、はっきりと教えてくれません

40代 女性 肺がん

主治医の先生は、とても優しく良い先生なのですが、わからない部分の説明を求めても、オブラート包んだような表現をされ、はっきりとは教えてくれずにいます。
一度、他の先生の意見を聞いてみたいと思っているのですが、手紙を持ってわざわざ他の病院の先生に聞きにいくというより、まずは同じ病院内の他の先生のご意見を聞いてみたいと思っています。
同じ病院の同じ科の先生にセカンドオピニオンを求めるということは、しても良いことなのでしょうか。
また、同じ科の先生に聞いても、あまり意味はないでしょうか。

カウンセラー
カウンセラーの回答

他の先生の見解も聞いてみるという事は、良いことだと思います。
セカンドオピニオンというのは、「主治医の先生以外の第2の先生に、意見を求めること」を言い、病院外の先生の所へ聞きに行くことあれば、同じ病院の同じ科の先生に聞く場合もありえます。
もし同じ病院内に意見を聞いてみたい先生がいるのでしたら、看護師さんなどに「少し聞いてみたい」くらいに気軽な感じで要望をお伝えし、仲介してもらうのが良いかもしれません。
それで気分を害する先生はいないと思いますから、大丈夫ですよ。

相談者

母が「治療はしたくない」と言っています

30代 女性 ご家族についてのご相談

健診の結果親に早期のがんが発見され、主治医から今後の治療についての説明を受けたのですが、「良く考えて、決めてください」と言われてしまいました。
私自身、手術や抗がん剤に耐える自信がないので、治療をしたくないと思っています。
もうすぐに治療の方針について決定する期限を迎えるのですが、そういう気持ちを主治医に伝えてしまっても宜しいのでしょうか。
また、治療をしないという選択をすることは、妥当な判断なのでしょうか。

カウンセラー
カウンセラーの回答

主治医からご病気やこれからの治療についての説明を受けたあとに、「決めてください」と言われ、迷ってしまわれる方はよくおられます。
しかし、その時のお手伝いも、病院ではいつでもしてくれます。
私自身は、もう少し考えても良いのではないかと思っております。
「手術に耐えられそうもないし、抗がん剤の副作用にも耐えていく自信がないので、そういう積極的な治療をしないでいいと思っているのですが、先生はどう思いますか」と、自分の希望をちゃんと伝えながら、担当医の先生のご意見も伺ってみてはどうでしょうか。

対人関係のモヤモヤにおすすめのカウンセラー
QA他のカテゴリの相談事例も見る