今後のモヤモヤイメージ

今後のモヤモヤ

がんは治らない、がんだからもう長くは生きられない。絶望感にさいなまれ、死にたいとさえ思ってしまう。人間は誰しも死亡率100%なのに、なんでがんだけそういう思いが強くなるのでしょうね。けれど、そう思ってしまうのは、あなただけではありません。身近な人には言えないこんなことも、勇気をもって口に出し、想いを全部、聞かせてもらえませんか。

QA今後のモヤモヤの相談事例

相談者

何かやっていた方がよいのでしょうか

50代 女性 乳がん

手術・放射線療法・抗がん剤治療と、怒涛のように頑張ってきました。
その途中では、何度となく辞めたいと思ったりもしたのですが、いざ、「もう定期診察だけで、一旦、治療は終わり」と言われてしまうと、逆に心配な気持ちになってしまっています。
何か、再発や転移の予防となるようなことを見つけてやっていた方が良いのでしょうか。

カウンセラー
カウンセラーの回答

長らくの治療、お疲れ様でした。
何かやっていたいというお気持ちや、何かしていた方が落ち着くというお心持ち、よくよくわかります。
しかしながら、全く何もしないということではなく、定期的に診察や検査をしながら主治医が一緒に経過を追っていってくれるため、過度に心配することはないと思います。
これまでよく頑張ってこられたのでしょうから、まずはゆっくり休まれると良いと思います。

相談者

「死んでしまうのだろうか」という考えがよぎります

70代 男性 膵臓癌

ステージ3というものの怖さや、インターネットで調べた生存率などの情報に負けそうになり、「死んでしまうんだろうか」という考えがいつもよぎります。
行っている治療についての不満は無く、主治医も親身になってベストを尽くしてくださっていると思っているのですが、今の先生とは違う誰かのお話も聞いてみたいと思ってしまうのですが、ダメでしょうか。

カウンセラー
カウンセラーの回答

本当によく、負けずに頑張っておられると思います。
がんという病気は、まだまだ「死」を連想させる病気であり、何となくステージの数が多いと心配になってしまうかもしれませんが、ステージ3は治る方のほうが多いと思います。
今は、標準的ながん医療というものが確立されており、きちんとした病院にかかっていれば、ベストな治療を受けられていると思われ、その点での心配はないと思います。
しかしながら、セカンドオピニオンを受けることも可能ですので、そういったことを考えてみるのも1つかもしれません。
また、時々は、そういう気持ちもどなたかにお話してみると、それだけでもスッキリしたり落ち着けたりすると思いますので、是非、そういう場を持っていかれると良いと思います。

今後のモヤモヤにおすすめのカウンセラー
QA他のカテゴリの相談事例も見る